サファテ セーブ機会ではなかったけど、工藤監督の意向で優勝マウンドに立つ。