『ASKA 晴天を誉めるなら夕暮れを待て』