<ヒロミと伊代>仕事終わりに「油そば」デート…客が少なく心配