100回を数える夏の甲子園で最も記憶に残る選手は松坂大輔や清原和博らを押さえてあの人物だった