生物の「絶滅」をめぐる現実