クリムゾン「くやしい…!でも…感じちゃう!」