【リーガエスパニョーラ】ゴールこそなかったものの、そこにいたのは“最高のベンゼマ”