『関屋記念』関係者談話